「みうらじゅん×山田五郎 大人のウルフェスVol.2」レポート、みうらじゅんさんの「グッとくる怪獣・星人ベスト10」発表

ニュース

2018年7月26日(木)に「ウルトラマンフェスティバル2018」の特別イベントとして、ウルトラトークライブ「みうらじゅん×山田五郎のオトナのウルフェスVol.2」が開催されました。

みうらじゅん×山田五郎 大人のウルフェスVol.2

昨年、超マニアックなウルトラトークで会場を沸かせた、みうらじゅんさんと山田五郎さんが、今回は映画監督・特技監督の田口清隆さんをゲストに迎え、ウルトラマンシリーズや特撮作品、みうらじゅんさんの「グッとくる怪獣・星人ベスト10」についてトークを展開しました。司会はウルトラマンシリーズが大好きなTBSの向井政生アナウンサーが担当。

去年は途中までしか参加出来ず、今回のトークライブゲスト出演が楽しみだったと田口監督。みうらじゅんさんと田口監督は『長髪大怪獣ゲハラ』で一緒に作品作りをしたことがあり、これが田口監督の商業作品・監督デビューで「みうらさんとの作品があってこそいまがある」とのエピソードを披露していました。

みうらさんはトーク内で、ウルトラマンシリーズの鉄道スタンプラリーを制覇したことを報告。普通車自由席が乗り降り自由となるパスチケットの存在を知らなかったため、制覇するのに数万円も使ってしまったとして笑いをさそっていました。

みうらじゅんさんの「グッとくる怪獣・星人ベスト10」は10位から順次発表され、以下のようなランキングになりました。

10位:リリー (『ウルトラQ』より)

みうらじゅん「小学三年生くらいにリアルタイムで見たけど、怖くてみれなかったんだよ」
山田五郎「そもそも、怪獣じゃないじゃん(笑)」

9位:キングジョー (『ウルトラセブン』より)

みうらじゅん「キングジョーは当時、すごい金属質だったんですよ」
山田五郎「ロボット感だしていたよね」

8位:レッドキング (『ウルトラマン』より)

みうらじゅん「いろいろな怪獣がいるけど、レッドキングは初めて見た形というか。見たことがないという造形にショックを受けていますね」
山田五郎「レッドキングは、力はすごいけど頭は良くない感じがよく出ていたよね」

7位:ネロンガ (『ウルトラマン』より)

みうらじゅん「怪獣シリーズのアイテムとして買っておきたいヤツだね、ネロンガは」
山田五郎「かっこいいもんねぇ、ネロンガ」

6位:ペギラ (『ウルトラQ』より)

みうらじゅん「ペギラを見るとシュークリームを食べたくなるんだよね。頭の形が似てるよね」
山田五郎「エクレアとかまだ無い頃だ(笑)」

5位:ケムール人 (『ウルトラQ』より)

みうらじゅん「マタンゴの声なんですよね、ケムール人とバルタン星人は。フォフォフォフォって」
向井アナ「登場したのは『2020年の挑戦』ですが、もう2年後ですね」
山田五郎「この造形はやっぱりすごいな」

4位:ガラモン (『ウルトラQ』より)

みうらじゅん「見たこともない造形だったじゃん。しかもロボットなんだよね」
山田五郎「びっくりしたよね。電子頭脳(からの電波)で動いているんだよね」

3位:バルタン星人 (『ウルトラマン』より)

田口監督「最近のシリーズだとあまり出てこないんですけど、登場する回になると「バルタンきた!」ってなりますね」
山田五郎「第2話に出てきたんだよね。ウルトラマンの人気を決めたのはバルタンだと思うよ。みんなフォフォフォって学校でマネしていたし。」
向井アナ「みうらさんもマネしていたんですか」
みうらじゅん「リスペクトはマネとかじゃないんで」
山田五郎「みうらさんはそういうの許せないんだよな(笑)」

2位:ゴメス (『ウルトラQ』より)

みうらじゅん「炭鉱から出てくるんだよ。炭鉱や石切場から出てきてこそ怪獣なんだよ」
山田五郎「ゴメスは意表をつかれたね。」

1位:ナメゴン (『ウルトラQ』より)

みうらじゅん「このヌメっとした感じはウルトラQ特有でナメゴンとかラゴンとか、オオダコとかやっていた特撮人の臭いがしてグッとくるんだよね」

ということで、今年もかなりのマニアックなウルトラマン・怪獣トークで会場は大盛り上がりとなりました。

今年の「ウルトラマンフェスティバル2018」には、怪獣・星人1587体が登場。
ぜひ会場を訪れて、みうらさんお気に入りの星人・怪獣がどこに登場するかチェックしてみてください。

ページトップへ