みんなからよせられた
思い出のウルフェス写真

※「思い出のウルフェス」掲載写真は一般の方から寄せられたものです。複製、公開、転載、配信等を含む利用は固くお断りします。

MORE

みんなからよせられた
思い出のウルフェスエピソード

※「思い出のウルフェス」エピソードは一般の方から寄せられたものです。複製、公開、転載、配信等を含む利用は固くお断りします。

生まれて初めてのウルフェス♡

この景色を見ると夏が始まったんだなって思います。

初めてのウルフェスの時の写真です。
約20年経った今でも、ウルフェスは私の毎年の楽しみです!

大阪のひらかたパークでのウルフェス2017?2018で初めてウルフェスに行き、そこからは東京のウルフェスにも行くようになり、夏の東京と冬の大阪の両方でウルフェスを楽しんでます。
一番の思い出はミートザヒーローでウルトラマンタイガに自分の名前もタイガだと伝えるとグータッチで応えてくれたことです。
ウルトラマンと一番近くで触れ合えるウルトラマンフェスティバルはとても元気が貰えました。
今のご時世、触れ合うというのがなかなか厳しいですが、ウルトラマン達と握手や写真撮影ができる日を楽しみにしてます。
今年はONLINEにて参加します!

50を過ぎてからウルフェスデビューしました。若い方々の中で楽しめるのか不安でしたが、昭和ウルトラの面々のグリやステージでの活躍を見て興奮している自分がいました。

合体技コンテストで最優秀を頂き、フェスティバルで自分が考えた技を大好きなセブンとゼロがやってくれるなんて、夢みたいな話でした。表彰式でも自分のためにセブンとゼロがいてくれる。大興奮でした。ウルトラマンフェスティバルにおいてだけではなく、一生の思い出になりました。ありがとうございます。

父の仕事がいそがしく、時間がない中、ウルトラフェスに行って撮った心のこもった一枚。

ウルトラセブンの周年祭みたいな企画がよかった。あとは、ウルトラマンギンガ&ビクトリーの時、Xの時も最盛期だった模様。ウルフェスのステージは毎年良すぎて言葉にできない。

幼稚園の息子を連れて、パトロール中のジャックに遭遇した時の出来事です。大喜びの子供たちがジャックの回りを囲んでいました。新マン世代に近い自分も握手をしたかったのですが口には出せず、「お母さんはいいから、行っておいで」と息子を促し、自分は輪の外におりました。と、トコトコとジャックの前まで進んだ息子は、突然「お母さんと握手してください!」とジャックに大声で頼んだのです。気が付いてこちらを見るジャック。驚いて固まり、遠慮したのですが、スタッフさんの優しい「お母さんもどうぞ」の声に甘え、握手させていただきました。暖かい手でした。さらに、ジャックはそのあと「よくやった」とでもいうように、息子を高く抱き上げてくれたのです。その時の思い出は、紳士的なジャックと共に今でも自分の宝物です。

去年のバトルステージにてウルトラマンジョーニアスが出てきた時の驚きは今でも覚えてます!ウルトラマンタイタスとのU40戦士の共闘が素晴らしかった!

何時も楽しいです。ショーがあったりウルトラヒーローと逢えたり撮影会があったり一番大好きなウルトラヒーローに逢えるからです。

26歳男性です。2019年のウルフェスで、幼稚園に入る前からずっと大好きだったティガとウルトラショットで会うことができました。2016年から毎年ウルフェスに行っていたのですが、ティガとショットで会えたのは初めてでした。そして、憧れのティガを目の前にするのは実に約20年ぶり。握手をしたのですが、緊張と興奮で手が震えていました。そんな時、ティガは私の緊張を感じ取ってくれたのか、グッと強く手を握ると、肩に手を置いて頷いてくれました。その仕草が本当に暖かくて嬉しかったです。しかもそれだけでなく、写真を撮ったあとティガがハグをしてくれたんです。泣きました。笑ウルトラマンは昭和、平成、ニュージェネ問わず、そしてベリアルやトレギアのようなヒールも含めて一人残らず好きですが、私にとって初めてのウルトラマンであり、いつも私の中の光であったティガはやはり私にとっては特別な存在です。

子供の頃からいつか行ってみたいと思っていたウルフェスを、初めて思いっきり楽しんだのがウルフェス2018でした。ウルトラショットやライブショー、子供の頃に戻ったように楽しんだ夏でしたが、私が特に感動したのがジオラマです。ウルトラマン達の戦いを再現したジオラマを見れば見るほど、写真を撮れば撮るほど劇中の世界に入り込めました。それ以来何度も足を運び、気づけばウルフェスは私の夏に欠かせないイベントです。今はこの状況下で難しいことばかりですが、必ずまた勇気をくれたライブショーを。作品に触れたジオラマを。夏の一大イベントであるウルフェスに行けることを願っています。

ジャスティスに会わせてくれてありがとう

友達と初めて行ったウルフェス2018にて思い切り楽しんだ上にパトロールで推しのエースがいたから一番思い出に残ってます!

はじめてのウルフェス
ビームが出てうれしかった!

毎年貴重なキャラクターの展示やライブステージを楽しみにしています

ウルトラマンが大好き❤️ウルトラマンの人形全部持ってる😊😄😄😄

大好きなガイアとアグルがグッズに反応してくれ、握手してくれたこと、写真を撮ってくれたこと、肩やアイテムをポンポンしてくれた事は一生の思い出です。彼らと繋いできた思い出である写真を見て、思い出を思い出しながら、ガイアとアグル、そしてたくさんのウルトラヒーローに笑顔で会える日を楽しみにしています。またガイア、アグルに会いたい!

自分は3年前より東京旅行の一環としてウルフェスに参加しております。初参加したウルフェス2017にて、幼少期からの憧れであるガイアに会いたいと思い参加したのですが、その時は会えず、画像にある当時展示されていたガイアの立像の前で来年こそは会えることを願い会場を後にしました。一年後、ガイアが放送20周年を迎えていた2018年、前年同様に東京旅行の計画を立てていた時、ガイア放送20周年を記念したスペシャルイベントがウルフェスにて開催される情報を知り、日付を確認するとちょうど自分が東京に向かう初日とイベントの開催日が一致しており、凄く驚いたのを今でも覚えています。チケットも無事購入し迎えたイベント当日、更に翌日に参加したウルフェス2018の2日間はまさに夢のような時間でした。念願だったガイアだけでなくアグルの2人に会えたこと、スペシャルイベントを通して自分と同じウルトラマンガイアという作品が好きな人と同じ時間を共有できたことで、自分の中の思い入れが更に強くなり、この思いをずっと大事にしていこうと心に誓いました。今は大変な世の中ですが、いつかまた沢山の人が自分の憧れであるウルトラヒーローに出会い、喜べる日を心待ちにしています!

息子のウルフェスデビューは3歳の時でした。それまでテレビでしか見たことのなかったウルトラマンジードをはじめてとするウルトラ戦士達と怪獣を目の前に、大興奮でした。バトルステージでは、今まで聞いたことのないくらいの大きな声で「ウルトラマンガンバレー!」と応援する場面もあり、こんなにも大きな声を出せたのかと、親がビックリしました。

毎年友達とウルフェス行ってます!

ウルトラマンが大好きで、将来はレオみたいなウルトラマンになるのが夢の息子、5歳からのウルフェスの歴史です。手作りのレオTシャツも今は3代目。初めて憧れのレオに頭を撫でてもらった日は、血管が張り裂けそうなほどの大声で声援を送りました。早くまた会いたいよ。それまで元気で過ごして、もっと強くなるからね。見守ってね。私たちもウルトラマンを応援してるよ。

2019年のウルフェスで
グリーティングがゼロさん。
ソフビ人形でアピールしたら
肩を強く叩きいいねをしてくれました

ウルフェス2018のヒーローグリーティングでセブンを見かけ、彼をエスコートしたら見つけてくれてありがとうと肩を叩いてくれたこと!

ウルトラマンオーブが始まって以来、ハリケーンスラッシュに会いたくて会いたくて仕方がなかったんですが、2016年7月から2年間、スペシウムゼペリオンとバーンマイト、サンダーブレスター、オーブオリジンには出会えて、一緒に写真を撮って貰えたけど、どうしても大好きなハリケーンスラッシュには会えなかったんです。でも2018年のウルトラマンフェスティバルでついにやっと念願のウルトラマンオーブ ハリケーンスラッシュがウルトラショットに来てくれたんです!心の中でガッツポーズしました(笑)2年越しの願いがかなった瞬間でした!

初めて気の合う友達三人と行ったのがウルトラマンフェスティバル2018でした。
細かい造形に感動しながら、時間いっぱい、わいわいと楽しみました。
また大阪でもウルトラマンフェスティバルが開かれるのを楽しみにしています!

一昨年は大阪のひらパーでもウルフェスを開催していただき、週に1回仕事を頑張ったご褒美でウルトラ戦士達に力を貰ってました! 昨年は10年振りに東京のウルフェスに参加することができ、大好きなウルトラマンコスモスと写真を撮れたのでとても嬉しかったですっ!

いつも泣いてしまう次男がウルトラマン セブンに抱かれてあやして貰い、泣かずに写真を撮れました!長男は大好きなウルトラマンロッソ に会えて大興奮でした!

息子が4歳からウルフェスに通い、毎回なりきりムービーを撮っています。もう10歳になり、とうとうこの前は恥ずかしがってムービーは断られてしまいましたが、今までの成長が感じられる大切な思い出になっています。

MORE

思い出の
ウルフェス公式動画

MORE

【主催】
TBS
【企画制作】
ウルトラマンフェスティバル事務局