みんなからよせられた
思い出のウルフェス写真

※「思い出のウルフェス」掲載写真は一般の方から寄せられたものです。複製、公開、転載、配信等を含む利用は固くお断りします。

MORE

みんなからよせられた
思い出のウルフェスエピソード

※「思い出のウルフェス」エピソードは一般の方から寄せられたものです。複製、公開、転載、配信等を含む利用は固くお断りします。

ウルトラマンの日である7/10まで、この投稿を取っておきました。ウルフェス2016では、ウルトラの歴史を終わらせるべく、ゼットが襲来しました。しかし、ウルトラマンや駆けつけたオーブたちの力によって、ゼットの野望は阻止されましたね。あのときの戦いの勝利があったからこそ、今もウルトラの歴史やウルフェスは続いていて、元気をもらえています。今はコロナというゼットのような脅威が続いていますが、あのときのウルトラマン達のように必ず打ち勝って、またウルトラマン達に会いに行きたいです。

ウルフェス2017(inひらパー)にて何故かレジにいたウルトラマンタロウに指名されてツーショットで撮ってもらった写真です。スマホとは別で大きな写真を有料で買えるのですが、タロウさんの熱烈なアピールに負けて購入しちゃいました 笑ウルトラ6兄弟で1番好きなのがタロウさんなのでとてもいい思い出になりました。もちろん今も自宅に飾ってます!

小さい頃父と夏になるとウルフェスに行ってました。当時、ウルトラマンゼロが登場したばかりでウルトラセブンとウルトラマンゼロの親子が自分と重なってとっても嬉しかった記憶あり、写真撮ったりショー見たりお土産選んだり、今でも父との大切な思い出になってます!ウルトラマングッズ今でも大切にしてるよ!ウルトラマンありがとう!

20数年前のこと、母に連れられてウルフェスに参加しました。会場に入ると、歴代ウルトラマンや怪獣の展示があり、テレビでしか出会えないハズの存在が目の前に居ることに興奮しました。そこから進むと少し天井が高く、やや開けた展示空間に着きました。すると、なにやら地鳴りのような音と聞き覚えのある怪獣の声が…。「…ゼットン!」目の前に現れたのは、大きなゼットンの立像でした。大人になった今見ればさほどの大きさではないかもしれません。しかし、当時の子どもの目線からすると、それはそれは巨大に見えました。ゼットンは初代ウルトラマンを倒した、唯一の怪獣です。子どもの私からすれば、その怪獣が目の前に存在していることが恐ろしく、腰が抜けてしまい、そこから動けなくなってしまいました。母に手を引いてもらって、ようやく部屋を出た想い出があります。そのあとメソメソ泣いて、帰りたがっていた私を、会場をパトロールしていたウルトラマンが見つけてくれて、慰めてくれました。怪獣に驚かされて、ウルトラマンに守られる…。ウルフェスは正にウルトラマンの世界観を体験させてくれました。(あの時見たゼットンの立像は何メートルあったのか…。今でも気になっています。)

2015年。オタク趣味の私(父)に付き合わせる形で、妻と当時1歳10か月の娘と参戦。娘は自分に関係ないイベントと察知して入口でグズってひと悶着。入場後もつまんなそうにいじけていました。しかしウルトラショットに当時最新キャラのエックスが登場。記念に家族で一枚撮ると表情が一変。上機嫌になりました。家に帰った後も、まだほとんど喋れないというのに腕をX字にクロスし「えっくす~、えっくす~」と大興奮。この日から娘の(我が家の?)日常がウルトラ一色に変わりました。現在娘は小1。ウルトラ愛はまだまだ継続中です。

2001年のステージが、当時5歳で体験したウルフェスの思い出のステージです。手の甲にスタンプを押してもらってから会場に入場。ウルトラヒーローがピンチの時に応援の声を届けるとその手が青く光り出し、ヒーローたちが復活したのが印象的でした。

去年、パパと息子2人で行きました。とても素敵な1日でした。

2017年から初参加で友人と毎年行くのが楽しみでした。

ゾフィーが大好きな息子に、ゾフィー柄のセーターを着せて冬のウルフェスへ。
ショーのとき、マグマ星人の長兄に胸をこづかれてフリーズしてましたが、最後にタロウが気づいてくれて、ゾフィーを呼んでくれました。
ゾフィーにハグ&頭ナデナデしてもらってニヤニヤが止まらなかった息子でした。

ウルフェス2019で、初めてミートザヒーローを体験しました。ウルトラマンエックスが大好きなので、こんなポーズをお願いしたいなとかこんな思いを伝えたいなとドキドキしながらいざ部屋に入ると、こんな近さで憧れのヒーローの顔が見れる事に驚いてしまって、考えていた内容が全て吹き飛びました。しどろもどろになりましたがどうしても好きだと言うことは伝えたかったので、大好きですとお伝えしたらとても喜んでくれました。
少し悔いが残る結果になってしまったのでまた別の日に2回目のミートザヒーローを体験しました。今度こそしっかりしようと思って、色んなポージングをしてもらったりして、エックスにもちゃんと凄く好きな事、これからも大地と一緒に頑張って欲しい事などをきちんと目を見て伝えられたのでとても嬉しかったです。ずっと優しく手を握ってくれたりカラータイマーに触らせてもらったりして凄く元気を貰いました。こんな機会はもうしばらくは無いかもしれないと思うと、勇気を出して良かったなと思います。一生の宝物です。

昨年のウルフェスで開催されたウルトラマン基金チャリティイベントにて、子供の頃からの憧れのヒーローであるウルトラマンダイナ、つるの剛士さんとツーショット撮影をさせていただきました。緊張の対面の瞬間、つるのさんは僕のニックネーム「とぶとりアスカ」の名前をいつもTwitterで見かけていると話しかけてくれました。一生の思い出をくれたつるの剛士さん、そしてウルトラマンフェスティバルに心からのありがとうをお伝えします!

物販コーナーで田口清隆監督を見かけたのですが、声を掛けることも出来ず、ドキドキしたのもよい思い出です。

思い出の一枚

初めて気の合う友達三人と行ったのがウルトラマンフェスティバル2018でした。
細かい造形に感動しながら、時間いっぱい、わいわいと楽しみました。
また大阪でもウルトラマンフェスティバルが開かれるのを楽しみにしています!

2017年のウルフェスに行った時の事です。将来のやりたい事、仕事などこれからのビジョンが全く見えず立ち止まっていた時です。例年ウルフェスには参加していたので当たり前のようにこの年も行きました。そこで私が見たのは、「数え切れないほどの人の笑顔」です。展示やグリーティングに目を輝かせ笑っていました。その時自分は決めました。将来は誰かの笑顔をより多く作れるようにウルフェスみたいな最高のイベントを日本だけじゃなく世界でもやってみたいと。最後に、私の1番好きな思い出のウルトラマン、ウルトラマンコスモスの劇中で出てきた名言で終わりたいと思います。多くの人が夢を諦めず追いかけ続けられますように。夢を現実にしようとする勇気がある限りその夢を諦める必要なんてない。

ウルトラマンフェスティバルに毎年通うきっかけになった年の写真です。マグマ星人大好きになりました。

2019年第1部最終日の閉園間近でタイガとそうたタイガのツーショットが撮れたこと

地方に住む私にとって、ウルフェスはウルトラマンに会える貴重なイベントです。今年は、中止になってしまいましが、またウルフェスが無事に開催されることを、心から願っています。

当時、2歳の息子。ウルトラセブンを知りませんでした。今では、『セブンの息子だ!』がお気に入りの言葉。

大学最後の年に、初めて行ったウルフェスでのウルトラショット。僕ら世代のヒーローティガと撮れて大興奮でした。

毎年夏を感じるイベントでした!

私が小さかった頃、父と毎年ウルトラマンフェスティバルに足を運んでいました。最後に行ったのは2009年。様々な展示や、ライブステージなど小学1年生だった私は目一杯楽し見ました。特にライブステージのラスト、一瞬だけシルエットが映るウルトラマンベリアルに衝撃を覚え、冬のウルトラ銀河伝説の公開がとても待ち遠しく感じました。その後に物販コーナーでアーマードダークネスのソフビを買ってもらったのをよく覚えています。思えばこれが最後に誰かに買ってもらったソフビでした。今でも当時入り口で配られたキングジョーブラックやアーマードメフィラスの大怪獣バトルのカードや、当時父が撮ってくれた小さい私のカレーやアイスを食べている写真、そしてアーマードダークネスのソフビを見るたびにあの日家族と、ウルトラマンと一緒にいた日々は10年以上経った今でも色褪せないものなんだなと思います。

ステージに呼ばれてタイガに力を与えた

私が当時3歳のとき、初めてウルトラマンフェスティバルに参加しました!入り口に入った瞬間に別世界!初ウルトラショットはウルトラマンジャスティスで小さかった私を抱っこしてくれたのは親とは違った安心感を感じ、今でもはっきりと覚えています。貴重な展示物や大迫力なライブステージに興奮した私は次は家族みんなで行きたい!とお願いをして家族でウルフェスに参戦するようになりました。妹とTFCのTシャツを着て、父はモロボシ・ダンの格好をしてイベントへ参加!ブラザーマントを羽織ったウルトラセブンと写真を撮ったときは家族大興奮でした!毎年、違ったコンセプトで、ロボット怪獣が沢山いる年、家族で楽しめる年など様々で毎年楽しませてもらいました!特にバルタン星人になりきって写真を撮るスペースは私のお気に入りです!また、会場内ではどんなウルトラヒーローがパトロールに来るのかとワクワクしながら待っていたら、ブースカとブースコが来るという驚くべきサプライズに当時声を出して驚いたのを覚えています。私が高校生になると、幼い時に、ウルトラマンごっこをして遊んで今でもウルトラマンが大好きな友達と一緒にウルフェスへ参戦!友達と展示物に目を輝かせながら熱く語り合ったことはとても楽しかったです!今でも色あせることなくみんなに愛されているイベントは他にありません!これからも楽しいコンセプトでみんなと参加できるウルフェスを待っています!

中学校に入学した初日、周りは知らない人だらけで不安でした。けれど前の席の人が同じウルトラマン好きで仲良くなりました。しかもその人とは偶然にも三年間同じクラスで部活も同じでした。

去年大学生になりました。久々のウルフェスに参加して興奮が収まりませんでした。そのせいで写真はブレブレで格好がつかないものになりましたが、それも立派な思い出です。久々にウルトラヒーローと写真が取れて最高でした。来年こそ行けますように。

プリズムホールの第1回から全てのウルフェスに参加しています。当時は、第2部に行くと第1部のVHSが購入できるシステムでした。もちろん限定ソフビと指人形を買うのも楽しみです。僕が買い揃えたVHSやDVDを三歳の息子が食い入るように見ています。僕はウルトラマンと共に50年過ごしていますが、息子も長くウルトラヒーローと過ごすことでしょう。昨年のチラシの「親子でウルフェス」というフレーズを実感しています。また、昨年の第2部では、グリージョのトラップのスイッチを押す役目をいただき幸甚でした。ちなみに好きなウルトラヒーローは、僕がメビウスで息子はジャックです。来年の開催を願ってやみません。

嫁と初めて行ったウルフェス!

まだウルトラマンをよく知らなかったのに「ウルフェスなんてあるんだ?行ってみたい!」と3才のわが子と飛び込んだ2年前。パトロール中のウルトラマンレオとウルトラマンブルによしよしとされたわが子の輝いた瞳を見て、ウルトラマンってこんなに優しいんだ!と母の私も憧れを抱き、それからは親子ですっかりヒーローの魅力のとりこに…。そしてウルフェス2年目の昨年はステージでタイガを助ける大役を仰せつかり、忘れられない夏の思い出ができました。

自分が小さい頃からずっと好きなウルトラマンに会えるイベント、ウルフェス。いつか子供ができたら一緒に行きたいと思っていました。子どもは女の子でしたが、ステージでは大興奮!子どもとウルフェスに行くという夢が叶い、ウルトラマン愛も子どもに引き継げそうです。

MORE

思い出の
ウルフェス公式動画

MORE

【主催】
TBS
【企画制作】
ウルトラマンフェスティバル事務局