みんなからよせられた
思い出のウルフェス写真

※「思い出のウルフェス」掲載写真は一般の方から寄せられたものです。複製、公開、転載、配信等を含む利用は固くお断りします。

MORE

みんなからよせられた
思い出のウルフェスエピソード

※「思い出のウルフェス」エピソードは一般の方から寄せられたものです。複製、公開、転載、配信等を含む利用は固くお断りします。

ウルフェスに行き始めての初めてガイアのウルトラショット地球のそして人類の力を信じてこの危機を乗り越えましょう!

2歳で初めてのウルフェス参加♥メトロン星人ともお話して、泣くこともなくウルトラマンたちにハートを掴まれた瞬間!その日から日常も夢もウルトラマン一色になって早3年。まだまだウルトラマンと共に…

ウルフェスは去年の2019年のしか行ったことないので、本当なら去年のウルフェスを語らないといけないと思うのですがここは敢えて2018年のものを語らせてください。円谷から一日だけ何かの間違いで流れてしまった2018年のステージ映像。会社の食事休憩時に偶然その動画を見ていました。エンペラ星人のミュージカル、ソラの曲、ソラを守ろうとする初代ウルトラマン、そこに駆けつけるルーブ、ラスボスのゾグからのガイアとアグル。冗談でなく定食屋で泣いてしまいました。2019年のウルフェスは、個人的に行くか行かないか悩んでいたのですが、行かなかったことに後悔しています。それからウルフェスは毎年行くと決めています。今年はこんな形になりましたが、きっと戻ってきてくれると信じてます。

子供の頃一生懸命観ていたコスモスを思い出しました。また、優しいリドリアスが大好きでした。

ガイアのスマホケースを使っていたらグリーティング中の80先生に「私のじゃないのか」って突っ込まれた図40周年おめでとうございます!

アンドロメロスの登場するライブステージは必ず行くようにしていました。いつかウルトラシリーズの映像作品にも客演してほしいです。

いつもはシャイな息子ですが、この時ばかりは大興奮でした。リアルショーの再開を心待ちにしております。

同年代のお友達と比べて待つことが苦手な自閉症の息子。でもどうしても会いたかったタイガと写真が撮りたい!とがんばって並んで記念撮影!!と思ったらタイガを見捨ててさっさと壇上を降りた!「タイガ!タイガおる!!握手せえ!!」と叫ぶ母(私)。反旗を翻す子どもにも優しいタイガに感謝です。

2019年の夏休み、ウルトラマンタイガになりきって息子が描いた絵日記です。ウルフェス2019に行った思い出と、新幹線で帰省した思い出。二つの楽しい思い出が融合したこの絵日記は、息子が初めて自分で考えたオリジナルのストーリーでもあるのかなと思っています。ヒーロー達のお絵描きは今でもほぼ毎日続いています。

はじめてあったとき、かわいくてびっくりした。おやつをもってこなかったから、あうためになんどもいったよ。べむべむちゃんに、たくさんおやつをあげたいです!

ウルトラマンのために東北へ♡♡

2016ライブステージにて、エックスが自分の目の前に来てくれて、「これは大人の自分も(当時高校1年生)子供たちと一緒に応援しなければ」と感じました。

ウルトラマンフェスティバルが初めて沖縄で開催された時はとても嬉しかったです.

初めてのウルトラマンフェス

ウルトラマンシリーズの指人形、まだ、全部揃ってないので、次のウルフェスが楽しみです。

嫁と初めて行ったウルフェス!

ウルフェス2014の杉浦太陽さんスペシャルイベントの質問コーナーで本人に当ててもらいました!
このイベントでは、コスモス全5モードの揃い踏みを観れたり、何よりコスモス、太陽さんとのトリプルショットを撮れて最高のイベントでした!
もし来年、コスモス20周年の記念イベントがあったら絶対行きます!

ジャグラー大好きで、ウルフェスに来てねって青柳さんに手紙書いたら、本当に会場で会えました。手紙見てきてくれたの?って聞いたら、そうだよって!八誠監督は僕が話している間ギリギリ迄待っててくれました。

毎年一番好きなウルトラマンダイナに会えるか楽しみにしています。一番思い出深いのは2017年に開催されたウルトラマンダイナ20周年記念のイベントで、当時のキャスト、スタッフの方々が一堂に会するイベントはまさに圧巻で夢のような一時でした。是非25周年でもイベントを開催して欲しいです!

ウルトラマンコスモスが1番大好きで、2019年はコスモスに会いたいと思っていました。ウルトラショットでコスモスと撮りたいなとも思ってました。ですがなかなかショットには現れず、しかしアイス販売に並んでいたら奥からコスモスが!その列を飛び出してコスモスに会いに行きました!ショットは取れなかったけど握手できたことはいい思い出です

ショットでティガと撮った時、僕のポーズを見て「君のポーズいいねd(˙꒳​˙* )」と力強いサムズアップをしてくれて感動しました😂😂😂その1枚はキーホルダーにして大切にしてます!!

ウルトラマンにハマってまもない頃、写真が撮れるとこでコスモスに出会いました。友達が作ってくれたフェルトのガヴァドンと共に写真を撮って貰った時、肩にポンと手を当てその後優しく手を振ってもらいました。私はその全てに「ここにコスモスがいる」と感動し号泣し、少し離れた所で立ち尽くしていました。すると、写真列が止まった少しの間号泣してる私を見つけたコスモスはアワアワしてしまい、同行者が「コスモスの優しさに感動したんだよ」と伝えてくれると、手招き。そして、頭を撫でて貰えました。結果的にさらに感動やら溢れる感情が抑えきれず涙になってしまいましたが、本当に感動しました。慈愛の勇者、ウルトラマンコスモス。彼は私に優しさと、ヒーローのぬくもりを教えてくれた大切なひと夏のおくりものです。

息子と娘アラフェス毎年楽しみにしてます!

幼稚園最後のウルトラマンフェスティバル

ウルフェスは自分が幼い頃からお世話になっていて、ライブステージではいつも感動し、展示で100枚以上写真を撮り、1日のほとんどを会場で過ごすことが自分の中では当たり前でした。
会場での子ども達のはしゃぐ姿や大人の方々の真剣に展示を見ている姿は行くたびに見ていて、とても素敵な会場だと毎年思っています。

「ミート・ザ・ヒーロー ウルトラマンジャックさんとの思い出」私がウルトラマン好きになるきっかけをくれたヒーロー。その名は「ウルトラマンジャック」どんな困難にも頑張って立ち向かう「努力の人」その格好よさに子供心を鷲掴みにされた。「ウルトラマンに会って話がしてみたいな。」そう思っても、ヒーローイベントも開催されないようなド田舎住まいだった私には、それは儚い夢でしかなかった。そんな私が大人になり、子供の頃の夢をかなえる時がやってきた。それが、去年のウルフェスで開催された「ミート・ザ・ヒーロー」である。「ジャックさんに会いたい!」その一心でジャックさんご登場のスケジュールを確認し、いざ、会場へ。変な汗をかくレベルのド緊張の順番待ち。そしてついに来た!私の番だ!係の方がカーテンを開けたその向こうに雄々しく立っていたジャックさん。目の前にいる憧れのヒーロー。私は、ウルトラ好きのきっかけをくれたのも、「ウルトラマンに会いに行くには天文学者になって宇宙船にのってM78星雲に行けばいいんだ!」との子供の時とはいえ我ながら笑える発想に「じゃあ、勉強を頑張って学者さんになってウルトラマンに会いに行きなさい。」と返してくれた両親の言葉に勉強を頑張れたのも、今もウルトラマンが大好きで、どんな時も私の励みになっていること、それはすべてジャックさんがいてくれたから…。天文学者にはなれなかったけど、M78星雲には行けなかったけど、私は思いの丈を話すことができた。大興奮状態で話す私を「うん。うん。」と頷きながら見てくれるジャックさんの表情は優しく、握手したその手は大きく温かった。そして、立ち姿は子供の頃に見た、「戦う男のカッコよさ」そのままだった。終始、優しい温かさで包まれた3分はあっという間。帰り際「これからも応援してしてね。」そう言って手を振ってくれたような気がした。子供の頃の私に言ってあげたい。「ずっと好きでいたら、いつか必ずウルトラマンに会えるよ。」と。

まだ物心もついていない時代から24歳までずっと、毎年必ず行っていたウルフェス。そしてその度に進化するウルフェス。ウルフェスだからこそできるライブステージのパラレルワールドを超えて実現する共演や、展示コーナーの貴重な展示品。どれもこれもウルトラマンファンには堪らないものです!僕の毎年のルーティーンは必ずウルトラショットやパトロール中のウルトラマンを探して僕ら世代のヒーローであるティガ、ダイナ、ガイア、アグルを見つけたら必ず握手と写真を撮るというのをやっています!小さい頃から変わらずかっこいい彼らの活躍をまた来年見れることを願ってます!

2004年(ノア・ネクサス)のとき、ライブステージを見終えて会場をでたあと、一眼レフカメラのフィルムを落としたことに気づき、当時のスタッフさんに事情を話すとすぐに対応してくれ無事に見つけてくれました。最後まで思い出をよいままに帰りました。

ウルトラマンギンガがメインの時代、バトルステージで当時5歳の息子が見事に指名され、ギンガスパークでエレキングを召還しました。まだウルトラファンになって2年めのこと。すっかりハマってしまい、小6になった今でも熱烈なウルトラファンです。

ウルトラマンが大好きな兄!
兄の影響で弟もすっかりウルトラマンにハマっています^_^毎年楽しみにしているウルフェス、今年は行けなくて残念。
普段は写真を撮られるのが嫌いで、滅多にカメラに笑顔を見せてくれませんが、ウルフェスではここで写真撮って!と満面の笑顔の兄(笑)自らもカメラを手にカッコいいアングルでウルトラマンを撮ろうと、張り切ってたくさん写真を撮っていました。

MORE

思い出の
ウルフェス公式動画

MORE

【主催】
TBS
【企画制作】
ウルトラマンフェスティバル事務局