みんなからよせられた
思い出のウルフェス写真

※「思い出のウルフェス」掲載写真は一般の方から寄せられたものです。複製、公開、転載、配信等を含む利用は固くお断りします。

MORE

みんなからよせられた
思い出のウルフェスエピソード

※「思い出のウルフェス」エピソードは一般の方から寄せられたものです。複製、公開、転載、配信等を含む利用は固くお断りします。

フォッフォッ

一生懸命にジードを応援していた息子。ステージ最後、ヒーローたちが勢揃いした時、遠くを見ていたジードの目線がすっとさがり息子を見て頷いてくれました。最高の思い出です。ありがとうジード!

毎年大迫力のライブステージ!綺麗な写真が撮れるように毎年カメラを構えて必死です(笑)

毎日どのウルトラマンに会えるか分からない、このドキドキ感もウルフェスの魅力だと思います。まさに一期一会!最新ヒーローももちろんカッコいいですが、子供の頃の憧れのウルトラマンにバッタリ出会えた時の興奮は、大きくなったいまでも、ほらこの笑顔!

ライブステージの入場待ちしていたら、偶然にもパトロール中のウルトラセブンに会えました。突然のことで頭が真っ白になりましたが、しっかり握手できました。ソロ参加のため写真には残せなかったのですが、初ウルフェスの思い出として鮮明に残っています。

ウルフェスは2007年から2010年、2015年から2019年まで行っていました。特に2019年が楽しかったです。ウルトラライブステージ第2部が総力戦のような感じでお気に入りです。また、長らくCD化されなかった曲のCD化も嬉しかったです。

2018に初めてウルフェスに行きました。その時のショーが第一部のエンペラ星人との決戦で、セットの豪華さ、ウルトラマンの近さ、ストーリーのシリアスさを感じてこれから毎年行こう、と決めました。

初めてのウルトラマンフェスティバルは2016年でした。幼い頃からウルトラマンが好きで、記憶に残っている自分はいつもウルトラマンが大好きでした。でも周りにウルトラマンを見ている人はいつもいませんでした。ウルトラマンの事を話しをするのはネットだけの生活。そんな中、当時大学1年生で初めての1人旅行に行きました。元々は別の目的で東京旅行に行ったのですが、日にちもあるので行ってみようと思い訪れました。初めてのウルフェスは衝撃的でした。右も左もウルトラマン達や怪獣、異星人とテレビの中の人たちが沢山溢れていました。ライブステージも見れるとのことでしたので、胸を高鳴りながらの観劇です。2010年に地元で大きいステージがあって以来の生のウルトラマンでした。ウルトラマンを応援する声が四方八方から聞こえてきます。がんばれウルトラマン!声に応えてくれたウルトラマンが再び立ち上がった時、自分は涙しました。ウルトラマンが大好きでよかった。ウルトラマンをずっと応援してきてよかった。だってウルトラマンが好きじゃなかったら、自分と同じウルトラマン好きに会えなかった。ウルトラマンを応援してこなかったら、この素晴らしい瞬間に立ち会えなかったのだろうと思い涙しました。今でも2016年の第2部は自分の中で一番のライブステージです。

ウルトラマンレオとウルトラショットでリクエストしたら一緒にダブルフラッシャーをしてくれました大切な思い出です!

私が、初めてウルフェスに行ったのは、2016年でした。当時勤めていた職場の上司がウルトラヒーローの大ファンで、その上司からウルフェスの存在を知りました。ある日、上司と二人で出掛ける機会があり、初めてバトルステージを拝見したら、ストーリーとか感動して泣いてしまいました。帰り際に上司が会場で売っていたCDをプレゼントして頂いたのが、宝物です。後、展示されていた巨大ウルトラマンを撮影してる上司の後ろ姿を撮したのも宝物です。

大好きなダイナと10年ぶりのご対面

私が一番好きなヒーロー...ウルトラセブンの50周年だった2017年のウルフェス最終日。閉場時間になり、みんなに別れの挨拶をするセブン。この年は何回も来場したものの、最終日までウルトラショットのセブンに会えなかったので、最後に素敵な思い出ができました。

展示でガタノゾーアを真下から見れたのはかなり貴重な体験でした!

去年のウルフェス2019に行った時、ヒロユキがステージから降りてきて、「ウルトラマンは誰が好きなの?」と声を掛けてくれました!一生、忘れられない思い出です!

迫力満点のジオラマに感動した。ライブステージでの迫力は驚かされた。

タイガをきっかけに約15年ぶりにウルトラシリーズにハマり、今年はゼットだけでなく幼い頃最後に見た(そして一番印象強い)ウルトラマンであるマックスとゼノンの放送15周年を是非イベントに赴きお祝いしたいと思い開催を楽しみにしておりました。初めてのウルフェス現地参加がいつになるのかもわからない世ではありますがオンラインの形でも精一杯楽しみたいと意気込んでいます。そしてマックスとゼノンが地球に来てくれますように。

3歳のころから見ていたウルトラマン。大人になり15年ぶりに行ったウルフェス。ライブステージは遥かに進化しており、ウルトラマンは変わらずカッコ良かった。

これがサンシャインに立つとウルフェスが始まったと感じる

裏メニューのゴモラのアイス、また食べたいな。

スペシウム光線を打てる!ってだけで胸アツでしたが、使い方を間違えましたw

小さい時に両親と観に行ったウルトラマンフェスティバルのショーで、ウルトラマンの応援に熱が入るあまり、勢いで漏らしてしまいました。。。ショーを途中で出てウルトラマンのズボンを買って着替えさせられたのはほろ苦い思い出。そんな自分も今では1児のパパ。ウルトラマン大好きな娘といつもウルトラマンを見ているけど、応援に熱が入る余り漏らさないか心配です笑

ある時のウルフェスで展示の写真を撮っていた時のことです。
その時はたまたまその付近には人がおらず私一人の時にパトロールでゼロがやって来ました。
カッコいいなぁと思いつつ退場ゲートに向かっているようだったのでゼロとすれ違う形になりました。
すれ違う手前でゼロがこちらを見るや片手を上げそのまま直進してきたのです。
私もそれに気付き片手をあげ、映画のワンシーンのようにハイタッチをしながらすれ違うこととなりとても感動してしまいました。
このことは今でもウルフェスに行き続けるきっかけになっています。

昨年、子どもと一緒に訪れた初めての「親子でウルフェス」。自分の祖父には顔見知りして泣くのに、ウルトラのじいちゃんことウルトラの父には泣くこともなく普通にタッチしていて、強い子だなぁと思った。またつぎも親子で来る!

ウルトラマン…特にタロウが大好きな息子を連れて参加しました。ヤンチャ過ぎて幼稚園では遊びといえば戦いごっこ、常に走り回っているため生傷の絶えない息子が!本物の…ましてや!マントをつけたタロウを目の前に緊張しまくって固まっていたのが印象に残ったウルフェスでの我が家の思い出です。

ウルトラショットでギンガスパークを持っていたら貸してと言われて貸したら自分のライブサインを探していた時のゼロ師匠。

ウルフェスに初めて行ったのは2016年。その時はバトルステージは観なかったのですが、後日、バトルステージを初めて観た時、感動のあまり泣いてしまいました。以来、ウルフェスには毎年行ってます。今年はオンラインだけど、他の方のエピソードや、写真でウルフェスに行った気分です♪

物販コーナーで田口清隆監督を見かけたのですが、声を掛けることも出来ず、ドキドキしたのもよい思い出です。

2008年に僕と母と父の家族全員でウルフェスに行ったのが最初でした。サンシャインシティ入り口の巨大ティガと大興奮で写真を撮り、ウルトラショットはアグルと、その後ジャックと手を繋いだことは今でも覚えています。それから毎年必ずウルフェスに行っています。途中自分がウルトラマンを見なくなってしまっても、昔見ていたウルトラマンに会う為に毎年欠かさず行っていました。オーブで再び見るようになってからはさらにウルフェスを楽しめ、それまで自分が見ていなかったウルトラマンも見るようになり再びウルトラマンに夢中になれました。その中で改めて大好きになったのがティガです。今思えば最初のウルフェスで巨大ティガと写真を撮れたのは運命だったのかもと…ティガが大好きになってからティガに会うと興奮が収まりません。再び小さいときに感じたウルトラマンに会う喜びを感じることができました。今年はこのような状況でウルトラマンに直接会うことは出来ませんが必ずまた幼い頃からの思い出がたくさん詰まった池袋でウルトラマン達に会えることを楽しみにしています!

小学6年生のウルフェスでライブステージ第二部を最前列で鑑賞し、終了後に主役のウルトラマンゼロが自分の目の前に降りてきて握手してくれたこと

高校生になって、父と少し距離ができてしまい、少しでも仲良くしようとウルフェスに誘いました、そしたら喜んでついてきました、一緒に展示をみてショーみて、写真もとってもらいました。とてもたのしかったです。いい大人になったけど、また父と行きたいなと思いました。

MORE

思い出の
ウルフェス公式動画

MORE

【主催】
TBS
【企画制作】
ウルトラマンフェスティバル事務局